人気ブログランキング |

<   2018年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

無慈悲な低音

圧倒的に無慈悲な超低音を出すことが、オーディオの面白さではないでしょうか。

近所迷惑で家族の罵声を浴びながら、それでも尚、地響きのような低音を放射することがマニアたる所以です。

a0257558_21274062.jpg
スピーカーも重要ですが、決め手はアンプの力。

通報されないよう、ほどほどに楽しむことが重要です(笑)


近所づきあい最優先です。






by hma9500mk2jp | 2018-02-27 21:34 | オーディオ | Comments(0)

AA誌 付録

a0257558_18353715.jpg
a0257558_18354811.jpg
T-TOCのハイクオリティCDが付録に付いていたので購入しました。
音質抜群で音楽的にも好みで、良い楽曲が多いですね。
これは、お買い得でした。
山寺の和尚さんが入っているのには、驚きました(笑)

a0257558_18393724.jpg
アナログの新コンビです。
ノーマルテープでもドルビーSで録音すると、ノイズが気になりません。

音質は、ゆったり・たっぷりの包まれ感が最高です。




by hma9500mk2jp | 2018-02-25 18:42 | オーディオ | Comments(0)

SONY TC-KA5ES

アナログカセットを聴いてみる。
a0257558_20345166.jpg

a0257558_20350644.jpg
昨年の夏に整備していただいたままでしたが、難なく稼働しました。

中低音に厚みのある心地よい音が出ます。

高域もキレとコクがあり繊細感も十分です。

40年前のカセットテープも懐かしい音楽を奏でます。

いいですね。アナログカセット。




by hma9500mk2jp | 2018-02-24 20:44 | オーディオ | Comments(0)

NHK-FMの音楽遊覧飛行でカーペンターズの特集がありました。

今年は、32歳で亡くなったカレンの没後35周年だそうです。

天才は早く逝ってしまうものですね。

素晴らしい楽曲は、永遠に不滅です。

DN-500RもADコンバーターを変えてから、音質が絶好調です。

a0257558_21071386.jpg
a0257558_21074304.jpg
操作が見やすい位置に移動しました。



by hma9500mk2jp | 2018-02-21 21:09 | オーディオ | Comments(0)

趣味の終わり

70年代からオーディオを趣味として始め、やがて来たオーディオ全盛時代を全身に浴びながら、もがき・苦しみ、研究に研究を続けてきました。最近は、特に欲しいと思う機器が無くなってしまいました。(対象は昭和オーディオの機器ですが)
昭和のほぼ、全種類の機器を聴いたような錯覚に入り、どの組み合わせではどのような音が出ることが分かったような気がします。

そこで得た結論をまとめると
1.トロイダルトランスを使用したものは、音が良い。
1.音楽の分かったメーカーは概して音が良い。(ヤマハ、ビクター等)
1.自作スピーカーの95%は、変な音が出る。
1.オーディオ評論家はメーカーの太鼓持ちで駄耳が多い。
1.低音がオーディオの原点である。
1.長岡鉄男氏の推薦機は低音が出ない。

そんな、自分の最終機器はJA-S91に38㎝の自作3ウェイで十分満足している今日この頃です。

クラシックに特化したシステムはこちら
a0257558_21482986.jpg
これ以上のものはたくさんありますが、この辺が8分目ではないかと。


by hma9500mk2jp | 2018-02-20 21:56 | オーディオ | Comments(0)

桶の口酒

この時期に限定で出荷される、林酒造謹製”桶の口酒”です。
a0257558_21112177.jpg
桶の口から最初に出てくる新酒を詰めたもので、発酵中でもあり若干酸味もあります。
フルーティでアルコール度が高く、強い味がします。
とても旨い、純米吟醸酒です。



by hma9500mk2jp | 2018-02-19 21:15 | その他 | Comments(0)

懐かしいレコードを見つけました。
a0257558_22180077.jpg
a0257558_22181736.jpg
クールスのライブレコードです。
舘ひろしもまだ若いですね。
当時は、カセットに入れて車で聴くことが多かったです。

その後は、中島みゆきのアナログディスクを聴いてみました。
いいですね~。


じゃーの。


by hma9500mk2jp | 2018-02-18 22:28 | オーディオ | Comments(0)

DENON DN-500R

FM放送の録音に使用している、DN-500Rですが過去の録音を聴き返してみると、何故か音が悪いのです。
どのように悪いかというと、アナウンスのサ行で歪が発生し、デジタルディザノイズのような滲む感じです。
入力オーバーかと思いレベルを下げたり、サンプリングを48Kや96Kにしたりしても同じ現象です。
同じ環境で、YAMAHA CDR-HD1300のほうがはるかに音質が良い(FM放送に近似)のでした。

原因はアナログ入力のAD変換にあると考え、安価なADコンバーターを入手しました。
a0257558_12021826.jpg
インプットがアナログ(RCA×2)でアウトプットがデジタル(コアキシャル)のタイプです。
ICはシーラスロジックのCS8416?

この安価なADCに期待してみるしか方法がありません。
a0257558_12060906.jpg
お見事!正解!

アナウンスのサ行の歪がキッチリ取れました。
しかも低域も伸びてFM放送と同じ厚みのあるクオリティになりました。

これで、戦線離脱候補NO-1のDN-500Rが首の皮一枚でつながりました。
デジタルチューナーなどからデジタル入力されている方は分からないと思いますが、
DN-500Rのアナログ入力のADコンバーター部は、音悪すぎです。


じゃーの。




by hma9500mk2jp | 2018-02-17 12:11 | オーディオ | Comments(0)

山水の907

山水のアンプ907シリーズは永くプリメインの最高級ランクでありました。

初代の、AU-D907から始まりスーパーフィードフォワードの907F、その後色々あって

バランスアンプに移行します。

後半の、907DR、907KX、907XR、907MR、その間にリミテッド系やMOS-FET系を数種出しております。

今回注目しているのは、コストカットの洗礼にあった2代目のFシリーズです。

初代のコストが半端なくかかり2代目は、大幅なコスコカットが行われ重量も削減しました。

しかし、回路的にはフィードフォワードという画期的な方式を採用しておりました。

以降は、バランスアンプへひた走り、フィードフォワードは消えてしまいました。

歪が少なく、本物系の音作りが実はされていたのではないかと思われます。

907系いちの不人気機種のようですが(なるほど外観が安っぽい)実力は侮れないむしろ秀でているのではないかと

予想しました。

そこで、入手してみることにしました。

Victorの実力機JA-S91と、ガチンコ比較してみたいなとの思いが強くありました。


じゃーの。


by hma9500mk2jp | 2018-02-05 21:43 | オーディオ | Comments(2)

40年を振り返る

a0257558_21291546.jpg
龍雲ファーストから40年

二十歳の人が還暦となり

LP全盛から、CDを経てハイレゾ等・・・
a0257558_21294749.jpg
そこで、LPを聴いてみる

龍雲の「暖寒」という初期のLP

「問わず語り」や「蒼穹」などが入っている

デジタルではない、アナログ音声

スタジオミュージシャンも上手い

魂の躍動が聴こえてくるようです。

JA-S91も同世代なので、いい味を出してくれます。

自分のオーディオは、進歩していないのか?

感動伝送特性は向上しているので、
退化の改新のようです(笑)


じゃーの。



by hma9500mk2jp | 2018-02-03 21:39 | オーディオ | Comments(0)

オーディオ、カメラ、その他